英国、スリランカ、日本のアーユルヴェーダ事情

アーユルヴェーダテレビfile#41ゲストは、スリランカ人アーユルヴェーダ医師のパーリタ先生です。

パーリタ先生には、
”スリランカにおけるアーユルヴェーダの実践”
をテーマに、スリランカ文化に根づいたアーユルヴェーダの実践、家庭での実践、ドクターの役割、さらには英国、日本でのアーユルヴェーダについても伺っています。

SETRAMED公式 https://www.setramedjp.com/

【プロフィール】
B.A.M.S.ドクター
医学薬学博士
SETRAMED LONDON LTD代表
SETRAMED International Collage of Ayurveda学長
英国アーユルヴェーダカレッジ日本付属校学長
アーユルヴェーダ専門家協会(イギリス)理事会メンバー
1982年にコロンボ大学(スリランカ)伝統医学部主席卒業。
1991年富山医科薬科大学医学博士号取得。
その後、The College of Ayurveda (UK) 設立に際し、カリキュラム作成や研究開発のために招聘され、同カレッジの教育、経営の両面において中心的役割をはたす。
現在はアーユルヴェーダ医師としてロンドンのペインクリニックで診療を行うほか、アーユルヴェーダセラピスト育成にも力を入れ、日本では英国アーユルヴェーダカレッジ日本付属校学長としてセラピスト育成に尽力している。世界中にクライアントを抱え、毎年多くの学会やセミナーで基調講演を務める。日本に留学し家族と共に富山に住んでいた経験から、日本語および日本文化の造詣が深い。